労作性狭心症とは。症状、原因、発作のタイミング等まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

狭心症は血管のつまり具合や発作のひどさ、頻度、血管が詰まる原因によって細かく分類されています。

心筋への血液不足によって胸の痛みが生じるのが狭心症ですが、運動等による心臓への負荷によって発作が起こるのが労作性狭心症です。当記事では、労作性狭心症についてまとめました。

 

労作性狭心症とは 

労作性狭心症とは、運動などで体に強めの負荷をかけたときに発作が起こる狭心症です。労作時狭心症とも言います。 走ったり、坂道を登ったり、階段を上ったり、精神的に興奮するなどして心臓に負担がかかったときに狭心症の症状がでます。

痛みは、多くの場合は指差せるような狭い範囲ではなく、手のひらを当てるほどの範囲にあらわれます。通常、数十秒から数分程度症状が続きます。体の奥に痛みを感じることが多く、圧迫感やしめつけられる感じを感じたり、冷や汗をかいたりします。

心臓への負荷が原因で起こっているので、少し休んで負担が減ると症状が無くなることが殆どです。

労作性狭心症に対比して、安静時や寝ている時などに突然発作が起きる狭心症は安静狭心症と呼ばれます。

 

労作性狭心症の原因

一般的には、労作性狭心症は冠動脈硬化性の狭心症です。

冠動脈硬化性狭心症は、冠動脈の内側が動脈硬化で狭くなって、血液が流れにくくなっているために起こります。

運動するときには、全身の筋肉を動かすためにたくさんの酸素が必要ですが、その供給のために心臓は動きを強めて全身に送り出す血液量を増やします。この時心臓の仕事が増えるので、心筋に大量の血液が必要になります。冠動脈が狭くなっていると、血流が増えず、心筋は酸素不足になって発作が起こります。

 

冠動脈硬化性狭心症と別の原因の狭心症として、血管の急な痙攣によって血管が狭まって起こる冠攣縮(スパスム)性狭心症があります。

 

労作性狭心症の段階

労作性狭心症は初期の段階では安定狭心症の状態ですが、冠動脈がより狭くなって詰まる寸前になると、不安定狭心症の状態になります。不安定狭心症は、心筋梗塞へ進行する可能性の高い危険な状態です。

狭心症の発作は一時的なもので、運動をやめたりして血流の不足状態がおさまれば症状は消えます。心筋に障害も残りません。一方、心筋梗塞になり心筋が壊死してしまった場合、心筋は元通りに再生しません。心筋の一部を失った状態でその後暮らしていくことになってしまいます。狭心症の症状が出た場合は、心筋梗塞まで進行しないように早期に治療を受ける必要があります。

 

安定狭心症と不安定狭心症

安定狭心症とは、発作の起きる状況がほぼ同じ状態の狭心症です。発作の回数や強さ、持続する時間が一定の範囲にとどまり、心臓に一定以上の負荷をかけると胸痛が現れます。

これに対し不安定狭心症は、発作の回数や程度が一定していない状態です。以前はなんともなかった軽い運動や、安静時に発作が起こることもあります。

 

労作性狭心症の治療法、治療薬

狭心症の治療は、主に服薬治療と、場合によっては手術による治療があります。

治療薬としては、ニトログリセリンをはじめ、硝酸イソソルビド、アスピリンや塩酸チクロピジン、シロスタゾール、ワーファリン等があります。詳しくは「狭心症の治療方法とは。服薬治療の薬と、手術方法について」をご参照下さい。

 

狭心症は生活習慣によって悪化する病気なので、治療のためには生活の改善をする必要があります。改善が必要な症状については、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満、喫煙等があります。詳しくは「狭心症の原因とは。原因となる5つの要因のまとめと詳しい解説」をご参照下さい。

 

まとめ

労作性狭心症についてまとめました。世の中には、狭心症を経由することなく突然心筋梗塞に至るケースも多く発生しています。労作性狭心症などの症状が発生して冠動脈の異常に気付いた場合は、早急に治療を受け、症状の改善に努めていただけたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*