日本光電

AED-3100|小型化・長寿命化など、新しい日本製AEDの6つのポイント。

日本光電から新しいAED、AED-3100が2015年10月22日にプレスリリースされ発売されました。

従来のAED-2100とAED-2150よりも小型で軽量で、耐用期間が6年から8年へと伸び、-5℃の環境でも操作が可能となりました。

新しいAED-3100の魅力

当記事では、「AED-3100」のメリットを説明しています。2015年9月までに21万台以上を販売している日本光電が新たに作ったAED-3100の魅力を知って頂けたらと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

AED-2150|あらゆる機能と液晶画面。現行最高峰モデルの魅力。

AED-2150の写真

AED-2150は、現行の、一般市民が使用するAEDに搭載されているほぼあらゆる機能を搭載したAEDです。

液晶画面があるのが特徴的で、騒音がうるさい場所でも使用しやすかったり、耳が不自由な方でも使用できたり、暗い場所でも使用できたりなどのメリットがあります。

日本光電AED-2150の魅力
当記事では、「AED-2150」のメリットを細かく説明します。AED-2150という機種を知り、自分にピッタリなAEDかどうかを判断するのに活用して頂けたらと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

AED-2100|遠隔監視機能付き、日本製AEDの魅力8選。

AED-2100写真

AED-2100は、唯一の日本製のAEDメーカー、日本光電のAEDです。

購入すると、無償で遠隔監視システムが利用できるところが他社製品との大きな差別化ポイントです。成人小児切替えスイッチ付きでプリコネクト式であるなど、マイナス点のないバランスの良いAEDだと思います。

「AED-2100」について詳しく説明します

当記事では、日本光電製のAED-2100という機種を知り、自分にピッタリなAEDかどうかを判断するのに活用して頂けたらと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

日本光電|日本唯一のAEDメーカーを大解剖

nihonkohden

日本では現在7メーカーのAEDが販売されていますが、日本で生産しているのは日本光電だけという事をご存じでしたか?

日本光電は医用電子機器の開発・製造・販売を行っている会社で、現在日本のAEDのシェアの半分を占めるほどになっています。

2003年に日本で一般市民によるAEDの使用が許可されて以来、日本光電はAEDを販売し、改善し続けてきました。

日本光電という企業
日本光電が日本のAED業界でこれだけ成長しているのには、生産にかけるこだわりや社会貢献活動など、様々な理由があるように感じます。当記事では、高い技術と理念をもってAED普及に努めている日本光電についてまとめています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0