心肺蘇生法

【解説】一次救命処置の手順。心肺蘇生法ガイドライン2015版

bls-cpr-aed2015

JRC蘇生ガイドライン2015のオンライン版が公表されました。それに伴い、一次救命処置(心肺蘇生とAED)の内容にも変更点があります。

そこで、ガイドライン2010との違いを踏まえながら、反応の確認から胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの使用などの一連の手順について解説しました。

項目毎に変更の有無と、変更点がある場合はその内容をまとめています。

オンライン版の解説です。
当記事は、JRCガイドライン2015オンライン版を基にまとめています。
2016年2月に発刊予定の完全版となる際に修正が入る可能性があるのと、ガイドラインを基に作られる救急蘇生法の指針(市民用)と異なる可能性、また、後々浸透していく救命講習などの講習と異なる可能性があります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
14

【公表】JRC蘇生ガイドライン2015。変更点など6つのポイントまとめ

jrc-guideline2015

平成27年10月16日に新しいガイドラインとして、JRC蘇生ガイドライン2015オンライン版が公表されました。

このガイドラインは心肺蘇生法の大本で、消防署や赤十字が行う心肺蘇生法やAEDの救命講習の内容はこのガイドラインに従って作成されます。このガイドラインは5年毎に更新されており、2005年版、2010年版に続いて、2015年版が先日発表されました。

一般市民に重要だと思われる変更や重要点をまとめています。
ガイドラインは600ページにも及び専門用語が多く、内容を理解するのには骨がおれます。そこで当記事では、一般の方が要点を簡単に抑えられるように、ガイドライン2010からの変更点やガイドライン2015の重要点など、重要なポイントを抽出しまとめました。

修正が入る可能性があります。
当記事で内容をまとめているのはオンライン版の内容です。引用文献が付記した完全版は2016年2月医学書院から発刊予定ですが、完全版になる際に表記や表現に修正が入る可能性があります。

参照:日本蘇生協議会http://jrc.umin.ac.jp/

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4

救命の連鎖とは。覚えておきたい救命効果を高める4つの取り組み。

chain-of-survival

救命の連鎖という言葉は、是非覚えておいていただきたい言葉です。これは急変した傷病者を救命し、社会復帰させるために必要となる一連の行いの事で、構成する4つの輪がすばやくつながることで救命効果が高まると言われています。

救命の連鎖の最初の3つの輪は、一般人が担うことになります。これらの役割を知り、適切に行動することで救える命が増えるので、当記事で内容を理解し、イザという時に役立てて頂けたらと思います。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

小児・乳児の救命手順、小児一次救命処置(PBLS)【特に乳児の保護者様へ】

pbls

成人に対する一次救命処置(BLS:Basic Life Support)と、乳児に対する一次救命、小児一次救命処置(PBLS:Pediatric Basic Life Support)では、異なる点がいくつかあります。新しいガイドラインでは、出来るだけ多くの人が救命処置の「実行」をできるように、一般市民は成人も小児も同じ方法で救命処置を行う事を推奨するようになりましたが、成人、小児では最適な救命手順に差異があります。

小さなお子様に接する機会の多い職種の方や保護者様には、小児に最適な救命手順を身に着けることが推奨されており、その内容を当記事で説明しています。もしあなたが小さな子供の保護者なら、是非おさえておいてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

一次救命処置(心肺蘇生法とAED)の手順7ステップ+α

bls-cpr-aed

あなたはもし、今目の前で誰かが倒れたとしたら救命処置をできますか?

心停止の場合は、一般市民のみている所で起こった心原性心停止患者23,296名のうち、AEDを用いて電気ショックが実施されたのはその中の3%(738名)というデータがでています。

97%の人は人が倒れるのを目撃しても救命活動ができなかったという事になります。

毎年2万人以上が倒れていることを考えると、あなたの見ているところで一次救命処置(BLS)が必要な事態が起こらないとも限らないとも限りません。そんなときに適切に対処できるように、当記事を確認しておいていただけたらと思います。

心肺蘇生法のトレンドについても触れています。
当記事では、心肺蘇生法(CPR)の説明に加えて、ガイドライン2010での変更点についてもまとめます。心肺蘇生のあり方も研究が進み進化してきているので、そのトレンドについても記載します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

AEDの講習を受けるには。内容、金額、実施団体、受講場所

training-of-aed

AEDを設置するなら使えないともったいないですし、設置しないとしても、目の前で大切な人が倒れ救助する事が無いとも限りません。

そんなイザという時のために、AEDの講習を受けておいてはいかがでしょうか。

AEDの講習はAEDの使い方だけでなく、一次救命の内容を含んでいることが多いので、人が倒れたのを発見したときどうすると良いのかを学ぶことができます。

どこで講習を受けられるか、価格はいくらくらいなのか、どんな講習がお勧めなのか
なかなか講習を受ける1歩を踏み出せないのも実状だと思います。当記事では、講習を行っている団体や内容、価格についてまとめました。あなたが講習をうけるきっかけになれば幸いです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0