狭心症

狭心症の種類。6種類の分類とその内容まとめ。

狭心症について調べると、労作性狭心症、冠攣縮性狭心症、安定狭心症・・・などなど様々な名前があり、そんなにたくさんの狭心症があるのかと驚くかもしれません。

狭心症は、冠動脈が狭くなることによって心筋へ十分な血液が届かないときに発作が起こる病気です。原因としてはそれに尽きるのですが、発作が起こるタイミング、安定度合い、頻度、発作の原因となる冠動脈の状態などによって細かく分類され、様々な名前がつけられています。当記事では狭心症の6種類の分類について内容をまとめました。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

労作性狭心症とは。症状、原因、発作のタイミング等まとめ

狭心症は血管のつまり具合や発作のひどさ、頻度、血管が詰まる原因によって細かく分類されています。

心筋への血液不足によって胸の痛みが生じるのが狭心症ですが、運動等による心臓への負荷によって発作が起こるのが労作性狭心症です。当記事では、労作性狭心症についてまとめました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

狭心症の原因とは。原因となる5つの要因のまとめと詳しい解説

狭心症や心筋梗塞は、総患者数が約80万人といわれる、患者人口の非常に多い病気です。

発作などの症状がでている時でないと発見が困難なため、たとえ健康診断でオールAであっても起こる可能性のある病気で、健康診断の結果がよかったからと言って100%安心できる病気ではないことも特徴です。心筋梗塞に発展した場合は命にかかわる可能性もあるので、悩ませられることのないよう、日々の生活で予防をしておくに越した事はありません。

当記事では、狭心症の原因となる5つの事柄について詳しくまとめました。予防等の参考になれば幸いです。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

狭心症の治療方法とは。服薬治療の薬と、手術方法について

treatment-of-angina-912x642

狭心症は、健康診断などでみつけるのが難しい病気です。発作が起こったときは心電図に異変がでますが、それ以外の時に心電図をとっても、異変があらわれないからです。そのため、健康診断で問題無いといわれたとしても、狭心症になる可能性がゼロというわけではありません。健康診断などで何も問題がなかった人が、急に陥る可能性もあるのです。10秒~10分程度の胸等の痛みを感じた場合は狭心症の可能性があります。そういった症状がある場合は、すぐに検査を受けることをお勧めします。

ではもしあなたが狭心症になったとしたら、どんな治療をするのでしょうか。

突然の胸の痛みを感じた場合、その後、どんな治療や手術が待ち受けているかとても大きな不安を感じる事と思いますが、当記事で狭心症だった場合の治療について事前に知っておけば、必要以上に不安に陥ることが無いと思います。万が一のときの予備知識として、当記事を活用していただけたらと思います。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

狭心症の症状、発作のタイミング、なりやすい人の特徴など。

(※本記事は2015年に公開した記事ですが、2017年3月に最新版に更新しています)

狭心症は、突然胸の痛みに襲われる病気です。数分で治るのが通常ですが、症状に見舞われた場合、突然の症状に驚き、これってどんな病気だろう?どのくらい危険な症状なんだろう?と不安になります。

すぐにおさまり、再発もしない場合は検査や治療を行う必要はないだろうと思ってしまう事もあるかもしれませんが、放置すると心筋梗塞など命に関わる病気に進展する可能性もあります。狭心症が疑われる場合は、検査など受け、治療や再発予防を始めるのが理想的です。

当記事では狭心症について、症状や発作のタイミング、狭心症になりやすい人の特徴等をまとめました。狭心症という病気を詳しく知るきっかけになればと思います。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0