AEDレンタルの価格を比較。長期と短期、あなたの場合はどちらがお得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
aed-rental-short-term-and-long-term

(※本記事は2015年に公開した記事ですが、2017年3月に最新版に更新しています)

AEDのレンタルには、長期レンタルと短期レンタルがある事をご存知でしょうか?

短期レンタルとは、1日とか1週間とか1ヶ月とかの短期に利用する目的のレンタルです。長期レンタルとは、これがAEDの場合一般的ですが、5年程の期間AEDを借り続ける形です。長期で借りる分月々の料金は安くなりますが、5年間契約に縛りがある事が一般的です。

長期レンタル、短期レンタルを比較。
当記事では、それぞれの特徴や相場についてまとめました。またどちらがお得か微妙なケースについて比較表を作成し比較しました。

↓おすすめのAED販売店です。↓



目次

  1. 長期レンタルの特徴と相場
  2. 短期レンタルの特徴と相場
  3. 長期レンタルと短期レンタルの比較

1.長期レンタルの特徴と相場

AED長期レンタルの価格

下の表は、代表的な長期レンタルの価格の例です。セコム、アルソックの価格を参考にしています。

AED名 料金 期間 期間の総額
CR Plus 4,900(月額/税別) 5年 294,000
AED-3100 5,300(月額/税別) 5年 318,000
AED-2150 5,900(月額/税別) 5年 354,000
ハートスタートHS1+ 5,600(月額/税別) 5年 336,000
ハートスタートFRx+ 6,500(月額/税別) 5年 390,000

長期レンタルは、5年間縛りのレンタルであることが殆どです。こちらは、自社への長期的な設置を検討している場合に選択するレンタルで、5年間まるまるレンタルする事を前提にしています。価格としては、月額5,000円~6,000円程が相場です。

AEDを自社に継続的に設置したい場合にはこの長期レンタルを検討することとなりますが、その場合は購入したほうがお得なケースもあるので、購入についても平行して検討される事をお勧めいたします。

2.短期レンタルの特徴と相場

短期レンタルは、1日~1ヶ月という単位で使用したい場合に選択するレンタルです。長期レンタルが継続的な設置を前提としていたのに対し、短期レンタルはイベント等での使用を想定しています。

人が沢山集まるイベントにはAEDの設置が推奨されていますが、そういったイベント事にAEDが必要なケースに選択するケースが多いようです。

または、夏の2ヶ月間だけオープンするプールに設置が必要、というように、数ヶ月間だけAEDが必要というケースで選択する事もあるようです。短期レンタルは長期レンタルと比較すると一日あたりの料金がかなり割高になります。

プールの例のように、毎年数ヶ月使用する場合は長期レンタルしてしまったほうが安いケースもあります。次の章で比較をしますが、検討の際はどちらがお得か、しっかり検討してみてください。

AEDサポートセンターの短期レンタルの料金

機種名 レンタル日数 金額
フィリップス
ハートスタート HS1
1日 7,200
2日 8,200
3日 9,200
4日 10,200
5日 11,200
6日 12,200
1週間 13,200
2週間 19,200
3週間 21,200
4週間 23,200
参考
AEDサポートセンターHP:http://www.aedcenter.jp/rental/

救命コムの料金

機種名 レンタル日数 金額
フィリップス
ハートスタート HS1
~3日の料金 8,750
以降1日の料金 875
1ヵ月の料金 21,875
フィリップス
ハートスタート FR2
M3861A(心電図表示機能無し)
~3日の料金 8,750
以降1日の料金 875
1ヵ月の料金 21,875
フィリップス
ハートスタート FR2
M3840A(心電図表示機能有り)
~3日の料金 14,000
以降1日の料金 1,400
1ヵ月の料金 35,000
フィリップス
ハートスタートFRx
861304
~3日の料金 11,750
以降1日の料金 1,050
1ヵ月の料金 22,250
日本光電 
AED-2100,AED-3100
~3日の料金 8,750
以降1日の料金 875
1ヵ月の料金 21,875

3.長期レンタルと短期レンタルの比較

長期レンタルの場合は月に5,000円~6,000円程が相場でしたが、短期レンタルの場合は1日でも8,000円程の費用がかかります。

この金額には手間賃等が入っているので、3日だと9,000円程、1週間だと15,000円程、1ヶ月だと22,000円程と、日数が延びるにつれて一日あたりのコストは下がっていきますが、長期レンタルと比較するとかなり割高な価格設定になっている事が分かります。

『2.短期レンタルの特徴と相場』であげたプールの例など、毎年数ヶ月使用する場合は、短期レンタルがお得な場合も、長期レンタルがお得な場合も、どちらも有り得るので、期間によってどちらがお得かが判断できるよう表にまとめてみました。

まず、下の表から分かるように、長期レンタルの場合は、年間6万円程、5年間で30万円程の費用がかかります。

長期レンタルした場合の1年間、5年間の総費用

1年間の使用月数 1年間の総費用 5年間の金額
12ヶ月 60,000円 300,000円

※1ヶ月あたりの料金を5000円とする。

一方で、短期レンタルの料金は下の表のようになります。

表の一番左の列が、1年間でAEDを使用する月数です。1ヶ月の費用は22,000円に設定してあります。2ヶ月使用する場合は短期レンタルの方が安いですが、3ヶ月の場合は長期レンタルよりも割高になっています。

年間のレンタル月数による1年間、5年間の総費用

1年間の使用月数 1年間の総費用 5年間の総費用
1ヶ月 22,000円 110,000円
2ヶ月 44,000円 220,000円
3ヶ月 66,000円 330,000円
4ヶ月 88,000円 440,000円

※1ヶ月あたりの料金を22,000円とする。

このように、借りる期間によって短期レンタルがお得か長期レンタルがお得か変わってくるので、お得なほうを選択して頂けたらと思います。

長期レンタルの場合は、使用する期間外にも手元にAEDを置いて置ける点がメリットかもしれませんが、置いておく場所が無い場合は逆にデメリットかもしれません。

なお、AEDを購入した場合に、5年間総額25万円程か、もっと安くできる場合もあります。キャンペーンなどによっては短期レンタルで2ヶ月5年間借りた場合の22万円よりもお得になる事も考えられますので、レンタルだけではなく、価格にメリットのある購入についても検討されることをお勧めいたします。

筆者注記:購入・レンタルの差を確認しましょう。
AEDの価格、レンタルと購入の差、そもそもAEDのレンタルってどんなメリット・デメリットがあるのか、レンタルする前に下の記事で確認しておこう。
『AEDの価格は?購入・レンタルの相場、価格差の理由、ランニングコスト等』
『AEDのレンタルとは。価格やサービス内容、メリットデメリットまとめ』

まとめ

短期レンタルと長期レンタルについてまとめました。AEDのレンタルについて、短期と長期の違いと相場についてご理解いただけたのではないでしょうか。

イベントでの単発の使用でしたら短期レンタルが良いですが、一日あたりの料金は割高です。長く置いておきたい場合は長期レンタルになりますが、5年間縛りの場合が殆どです。

ご自身の状況によってどちらを選択するのが良いかが変わってくると思うので、当記事を参考に、最適な方法でAEDを入手していただけたらと思います。

↓おすすめのAED販売店です。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*