新しいAEDマップの登録URLと、検索・登録・更新方法【財団全国AEDマップ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年6月30日、救急医療財団のAEDマップが新しくなりました。

日本救急医療財団 全国AEDマップという名前となり、AEDの設置情報だけでなく、登録情報の精度もあわせて確認できるようになっています。またAED設置情報の登録方法がかわりました。

これまで購入時に販売店やメーカーを通して記載していたものを、設置者自らが登録できるようになっています。

当記事では、検索の仕方、登録の仕方、更新の仕方について詳しく解説しています。これまでのAEDマップとURLが変わっているので、以前のページではなく、新しいURL日本救急医療財団 全国AEDマップをご参照下さい。

登録URLが分からない!登録・更新のURLをお探しの方へ

救急医療財団のAEDマップを登録・更新しようとしたら、登録URLの記載が無くてどうしていいかわからない。そんな方が多いと思います。

この記事に詳細を記載していますが、手っ取り早くURLを知りたい方。登録用URLはhttps://qqzaidanmap.jp/aedregとなります。

なお、FAXでの登録を行う場合は「AED設置情報の登録書」が必要です。この登録書はH27年7月1日以降にAEDを購入された方はAEDに同梱されています。

H27年6月30日以前に購入された方は、登録書が無いと思いますので、メーカーまたは販売店へ問い合わせをして、「AED設置情報の登録書」を取得する必要があります。

※AEDマップの登録及び登録情報の更新は設置者もしくは管理者しか出来ません。

目次

  1. 検索方法
  2. 登録方法
  3. 更新方法

1.検索方法

検索する前に
日本救急医療財団の全国AEDマップにアクセスすると、「qqzaidanmap.jpが物理的な位置を追跡しようとしています。」や「www.qqzaidanmap.jpに位置情報の共有を許可しますか」などと、ブラウザから警告がでますが、許可するとトップページのマップがお住まいの位置に移動します。

あまり聞き慣れないメッセージですから、ドキっとしますが、地図を表示するサイトではよくある事ですので、問題なければ許可を押してください。許可しない場合は初期位置の東京から動きません。

検索方法は大きく分けて3つあります。リスト表示する検索と、マップ表示(地図上に表示)検索、都道府県での検索です。

サイトの上部にメニュー(下図の赤枠)がありますから、お好みで検索されるのが良いと思います。

AEDマップのメニュー

1-1.検索(リスト表示)

メニューから検索(リスト表示)を選びます。既に登録済みの方で3-1.AED登録番号を確認する際や、お住まいや会社近くなど、一覧で見たい場合に便利です。

AEDマップのリスト表示検索画面

上図の1番が条件を指定して検索が出来ます。地域名を入れての検索や、会社名を入れての検索です。図の2番がキーワードを入れて検索する場合の入力欄です。特別無ければ空白でも大丈夫です。3番は結果表示の数ですのでお好みで。それぞれ、検索ボタンがありますから、記入が終わったら検索しましょう。

1-2.検索(マップ表示)

検索項目のほかに地図が表示されている点が違うだけで、検索項目はリスト表示と同じです。メニューから検索(マップ表示)を選びます

AEDマップのマップ表示検索画面

検索の仕方ですが、まずは都道府県を指定してから、その他の情報をいれましょう。場合によっては、検索項目の下にある地図を直接目的の場所までドラッグアンドドロップして(Googlemapのように)動かしてから検索するとスムーズです。東京都○○区■■番地で検索しても地図は動いてくれません。都道府県のプルダウンから東京都を選び、○○区まで地図を直接マウスで動かして、会社名やキーワードでの検索を行いましょう。

筆者注記:MAPが動かない? 2015年9月9日時点で、キーワードでの任意検索や、住所、施設名の検索など、マップ検索が上手くいかない箇所が多々あります。都道府県のプルダウンを指定すると地図はその都道府県まで動きますので、その後条件を入れると楽かもしれません。

1-3.都道府県検索

一番使いやすい検索方法かと思います。まずはメニューから都道府県クリックすると下図のようにプルダウンのメニューが出ますので、調べたい都道府県名をクリックします。県庁所在地にマップが移動しますので、そこからはドラッグアンドドロップして見ましょう。

AEDマップの都道府県検索

2.登録方法

登録方法は二通りです。WEBを使った登録とFAXを使った登録です。

筆者注記1:AEDを持っている人しか登録できない
財団全国AEDマップのサイトに新規登録用URLの記載はありません。AEDの設置者、管理者のみが行うようにして下さい。

2-1.WEB登録

新規登録

・H27年7月1日以降にAEDを購入された方

    • 手順1:AEDに同梱されている※「AED設置情報の登録書」を用意する
      ※登録書がない場合は、H27年6月30日以前にAEDを購入、設置された方と同じ手順です。
    • 手順2:登録書の最下段に記載されているURLにアクセスする。
    • 手順3:【AEDの新規登録及び登録情報の更新】画面が表示されますので、登録するAEDの設置情報管理のために使用するメールアドレスを入力の上「送信」をクリックして下さい。

AEDマップの新規登録画面 AEDの新規登録及び登録情報の更新

    • 手順4:送信すると手順3で入れたメールアドレスにメールが届きます。

      メール内のURLをクリックします。
      【新規登録・情報更新用URL(自動配信メール)】

    • 手順5:URLをクリックしてアクセスするとAED設置情報登録画面が表示されますので、設置情報の登録をします。以下が項目です。
      • 新規または更新の選択

        新規か既存のAEDの設置場所更新かの2択です。

      • AEDの使用及び情報の公開

        公開の有無に加えて、施設内だけの使用か、外部の方も使用できるかの選択です。条件付で認める場合は、その理由を記載します。例:来客者、イベントなどでの参加者など

      • AEDの設置情報

        設置場所の住所は、設置場所の詳細を記載します。説明と設置場所(入り口など)はマップ上の吹き出しに表示されます

      • 設置管理者情報

        AEDの管理者に関する情報です。ホームページ上では公開されません。都道府県から申請があった場合に情報提供されます

      • 設置施設情報

        設置施設の情報です。施設の連絡窓口や設置位置までの案内表示の有無などです。ホームページ上では公開されません。都道府県から申請があった場合に情報提供されます

      • 機器メーカー情報

        メーカーの情報を記載します。以下の中から選びます。

        • 01. 旭化成ゾールメディカル株式会社
        • 02. オムロンヘルスケア株式会社
        • 03. 株式会社CU
        • 04. 日本光電工業株式会社
        • 05. 日本ライフライン株式会社
        • 06. フィジオコントロールジャパン株式会社
        • 07. 株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン
    • 手順6:AED設置位置の設定

      登録を済ませると画面が変わり、AEDの設置位置の設定を行います。地図の画面になりますので、ピンを動かして実際に設置されている場所に動かしましょう。

AEDマップの新規登録画面 AEDの新規登録及び登録情報の更新

  • 手順7:AED新規登録・登録情報の更新の完了

    完了画面が表示されて手続き完了です。

・H27年6月30日以前にAEDを購入、設置された方

  • 手順1:「AED設置情報の登録書」が同梱されていませんので、購入されたAED製造・販売会社に問い合わせをして、「AED設置情報の登録書」を受け取る。

    ※問い合わせの際、下記情報を準備する

    • AEDの型式(機器名)
    • AEDの製造番号(シリアルナンバー)
    • ご住所
    • お名前
    • 電話番号
  • 手順2:登録書を用意できた後は、・H27年7月1日以降にAEDを購入された方 手順2:と以降は同じです。

2-2.FAX登録

財団ではWEBによる登録をお勧めしています。

筆者注記2:FAXの登録では登録確認が約2週間後に。確認が遅くなりますので不便です。
筆者注記3:FAXの登録だけで完結しない。 WEB登録をお勧めする点として、登録までの時間のほかに、結局メールを用いてWEBで操作することです。FAXだけで完結しませんので、FAXを送って終わらせようとしている人は、素直にWEB登録をお勧めします。
    • 手順1:AEDに同梱されている※「AED設置情報の登録書」を用意する

      ※登録書がない場合は、H27年6月30日以前にAEDを購入、設置された方と同じ手順です。

    • 手順2:「AED設置情報の登録書」の項目を記入する

      ※新規の場合は、既登録番号は記入しません。更新の場合は、AED登録番号を記入しましょう。
      機械読み取りのため、黒色でハッキリと書きましょう

    • 手順3:「AED設置情報の登録書」で指定されたFAX番号へ送信
    • 手順4:約2週間後に内容確認のメールが届きます。メール内のURLをクリックします。
    • 手順5:AED設置情報編集画面になりますので、修正等をし、「更新」するをクリックします。
    • 手順6:AED設置位置の設定

      登録を済ませると画面が変わり、AEDの設置位置の設定を行います。地図の画面になりますので、ピンを動かして実際に設置されている場所に動かしましょう。

AEDマップのピンの移動

    • 手順7:AED新規登録・登録情報の更新の完了

      完了画面が表示されて手続き完了です。

・H27年6月30日以前にAEDを購入、設置された方

  • 手順1:「AED設置情報の登録書」が同梱されていませんので、購入されたAED製造・販売会社に問い合わせをして、「AED設置情報の登録書」を受け取る。

    ※問い合わせの際、下記情報を準備する

    • AEDの型式(機器名)
    • AEDの製造番号(シリアルナンバー)
    • ご住所
    • お名前
    • 電話番号
  • 手順2:登録書を用意できた後は、・H27年7月1日以降にAEDを購入された方 手順2:(←クリックすると手順2に飛びます)と以降は同じです。

3.更新方法

以前に設置者登録を済ませている方も更新する必要があります。更新の方法は新規の登録とほとんど変わりませんが、AED登録番号を確認する必要があります。

3-1.AED登録番号の確認

検索方法で記載した1-1.検索(リスト表示)で登録した住所、会社名などを入力すると確認できます。

AEDマップのAED登録番号の確認方法

3-2.WEB更新

  • 手順1:「3-1.AED登録番号の確認」で確認したAED登録番号を確認する
  • 手順2: 2-1.WEB登録の手順で進めます。
  • 手順3:「新規または更新の選択」で更新を選択し、手順1で確認した、AED登録番号を入力する。
  • 手順4;以降、WEB登録の手順で更新が出来ます。

3-3.FAX更新

  • 手順1:「3-1.AED登録番号の確認」で確認したAED登録番号を確認する
  • 手順2: 2-2.FAX登録の手順で進めます。

まとめ

救急医療財団のAEDマップは、イザという時にAEDを使えるサポートができるように改善されリニューアルしました。特にAEDの設置場所までの案内表示は、実際の救命時に役立つと思います。

旧AEDマップになかった項目

    • AED点検担当者の配置
    • 使用可能日・使用可能時間帯
    • 連絡窓口
    • 住所
    • 電話番号
    • メールアドレス
    • AEDの設置位置までの案内表示

緊急時にAEDを探すのはもちろんですが、まずは身近な場所のどこにAEDがあって、何時~何時の間なら使えるのかを確認し、イザという時にどこに取りに行けばいいのか考え備えておくのはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 名古屋第一赤十字病院 より:

    お世話になります。名古屋第一赤十字病院 救命係 キタウラです。
    お尋ねさせていただきます。

    現況マップの登録はどちらでいつされたのでしょうか?
    その時の当院の担当課がわかればおそれいりますが教えていただけたらと思います。
    検索リストの登録番号とAEDマップの登録番号が違うのはなぜでしょうか?

    当院の現況登録が知りい場合はどのようにしたらよろしいのでしょうか?
      名古屋第一赤十字病院 救命救急業務係 キタウラ

    1. AEDブログ より:

      キタウラさま

      コメントをいただきありがとうございます。
      恐れ入りますが、当サイトは一般財団法人日本救急医療財団の管轄のものではありません。
      そのため、お問い合わせいただいた内容について、正確な回答ができず申し訳ありません。

      お手数ですが、この件については、一般財団法人日本救急医療財団へお問い合わせ頂くのが間違い無いかと思います。

  2. ㈱コープサービス ヌマノ カズオ より:

    AED登録を二重にしてしまいました。取り消しの手順をお知らせください。

    1. AEDブログ より:

      コメントをいただきありがとうございます。
      恐れ入りますが、当サイトは一般財団法人日本救急医療財団の管轄のものではなく、取り消しの手順について正確に把握しておりません。
      お手数ですが、この件については、一般財団法人日本救急医療財団へお問い合わせ頂けたらと思います。
      住所等の情報を管理しているので、登録した住所を伝えれば取り消しが可能かと思います。

AEDブログ にコメントする コメントをキャンセル

*