AED-3100|小型化・長寿命化など、新しい日本製AEDの6つのポイント。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本光電から新しいAED、AED-3100が2015年10月22日にプレスリリースされ発売されました。

従来のAED-2100とAED-2150よりも小型で軽量で、耐用期間が6年から8年へと伸び、-5℃の環境でも操作が可能となりました。

新しいAED-3100の魅力

当記事では、「AED-3100」のメリットを説明しています。2015年9月までに21万台以上を販売している日本光電が新たに作ったAED-3100の魅力を知って頂けたらと思います。

目次

  1. 良い部分はそのままに
  2. 小型・軽量
  3. -5℃で使用できる
  4. 8年の耐用期間
  5. 強化されたセルフテスト
  6. 新しくなったバッテリー

1. 良い部分はそのままに

AED-3100は、従来のAED(AED-2100)の好評な機能はそのままに、さらに新しい機能が追加されています。

引き継いでいる主な機能としては以下です。

  • フタを開けると電源ON
  • 電源オンと同時に胸骨圧迫のリズム音開始
  • 小児・成人のモード切替スイッチ付き
  • 電極パッドは本体と接続済み(プリコネクト)
  • AEDLinkage(遠隔監視機能)
  • パッドの使用期限管理

操作方法や小児切り替えスイッチなど基本的なところは変わらずに、小型軽量化や耐用年数が強化され、より実用的になっている印象です。

救命率を上げるであろう電源ONからすぐに鳴り始める胸骨圧迫のリズム音など、日本光電のAEDの特徴的だった要素もそのまま引き継がれています。

AED-2100については別記事の『AED-2100|遠隔監視機能付き、日本製AEDの魅力8選。』をご覧下さい。

2. 小型・軽量

AED-2100よりも小型軽量化となり、持ち運びが便利になりました。下の表はAED 2100とAED 3100を比べたものです。特筆すべきはサイズ(寸法)のところで、幅が約6cm、奥行きも約7cmと、かなり小さくなっています。

小型化に伴い重さも400g軽くなっています。AEDを持ち歩くときに重さは重要です。最近は遠足など、屋外へ遠征するイベントにAEDを持っていくケースが増えているようですが、小型・軽量化は持ち運ぶ人にとっては大きなメリットとなります。

日本光電の発表では、本体の体積が40%、重さは15%減少しているとの事です。省スペースにも気を使って開発された事が想像できます。

  AED-2100 AED-3100
サイズ
(mm)
幅265x高さ100x奥行320 幅206x高さ97x奥行252
重さ
(Kg)
2.7(電極パッド・バッテリパックを含む) 2.3(電極パッド・バッテリパックを含む)
付属品 AED日常点検タグ・AED保証・耐用期間タグ・AED操作ガイド AED用キャリングバッグ・設置管理タグ・AED操作ガイド
バッテリ バッテリパックNKPB-28271[X217]
(待機寿命:約4年)※1
バッテリパック SB-310V
(待機寿命:約4年)※1
電極パッド 使い捨て除細動パッド P-530 使い捨てパッド P-740
医療機器承認番号 22700BZX00187000 22100BZX00362000
クラス分類 高度管理医療機器・特定保守管理医療機器

※1 待機とは、装置にバッテリパックと電極パッドを接続し、フタを閉じている状態。待機寿命は、設置環境や使用状況により短くなることがあります。それぞれの寿命を保証するものではありません。日本光電ホームページより引用

3. -5℃で使用できる

2015年11月現在で、AED-3100を除き動作温度が0度より下のAEDはありません。-5度で使用できるという事は、氷点下の環境でも使用できるということです。寒い地方の屋外で心停止が起きた場合に、3100なら使える可能性があります。

日本では、多くの地域で冬に0度を下回りますが、-5度を長時間下回り続ける地域は0度を下回る地域と比べるとかなり少なくなるかと思います。たった5度の違いかと思ってしまいがちですが、日本の環境においては使用できる状況がかなり広がるのではないかと考えています。

動作温度と待機温度の最低温度は-5℃ですが、最高温度は50℃で変わっていません。

4. 8年の耐用期間

今まではフィジオコントール社のライフパック CR Plusが、日本で唯一耐用年数8年のAEDでした。それ以外は耐用年数6年か7年でしたが、AED-3100の耐用年数は8年となっています。

日本光電の製品でいえばAED-2100とAED-2150は耐用期間が6年でしたので、耐用年数が2年延びています。耐用期間が延びると新しいAEDを買うまでの時間が延びますから、コスト面でのメリットが出てきます。購入する側にとって大きなプラスではないでしょうか。

耐用年数の8年間AEDを使用するとして1年間の費用を計算すると、AED-3100の希望販売価格は398,000円ですので8で割って、1年当たり49,750円となります。一方AED-2100は380,000円で、耐用年数が6年です。380,000円を6で割ると、年間63,333円になります。

一年あたりのコストでみるとAED3100はAED2100より安い計算となります。販売価格は少々高くなりますが、耐用年数が伸びるので、実質は価格が下がっていると考えることもできます。

5. 強化されたセルフテスト

バッテリーの残量や電極パッドの使用期限をセルフテストでAEDが確認し、アラームで通知する機能はAED-2100や2150にも備わっていましたが、AED-3100では新しく、「電極パッドの断線」や「スピーカーの状態」もセルフテストするようになりました。

さらに、そのテスト結果を表示するステータスインジケータが30%(日本光電による従来比)大きくなり、日常点検の結果確認が容易になっています。

テスト項目の追加でより詳しくAEDの状態をチェックし、インジケータが大きくなった事で一目で確認出来るようになりました。

6. 新しくなったバッテリー

AED-2100用の4年もののバッテリーNKPB-28271では、140回相当の電気ショックまたは約4時間の動作が可能でした。AED-3100の新しいバッテリSB-310Vは160回相当の電気ショックまたは約6時間の動作が可能になっています。

連続して6時間も使用する事はあまり無いでしょうが、AEDはずっと音声ガイダンスを流し続けますから、その分バッテリーを消耗します。

使用できる電気ショックの回数が増え、動作時間が長くなった点もAED-3100のポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本唯一のAEDメーカーの日本光電が小型軽量化、耐用期間の延長、動作温度の拡張と日本らしい堅実なバージョンアップを行いAED-3100を発表しました。

AEDを使用する時に便利な様々な機能が加わり、耐用年数の伸びにより1年あたりの費用が削減されるためコストメリットもでています。筆者個人的には、非常に良い製品がリリースされたと感じています。

最後に、AED-3100にはAED-2150に備わっている液晶画面はついていません。液晶付きのAEDが気になる方はAED-2150|あらゆる機能と液晶画面。現行最高峰モデルの魅力。をご覧下さい。

参照:日本光電 カルジオライフ AED-3100

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*